フィンジアは女性が使っても効果はあるのか?徹底解説!

薄毛やはげで悩んでいる人は男性に多いですが、女性にも同じ悩みを抱えている人はいるでしょう。

そこで、女性の薄毛になる原因と、フィンジアが女性に効果があるのかについて解説していきます。

女性が薄毛になる原因とは?

女性の男性型脱毛症

男性には、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる男性ホルモンによって引き起こされる脱毛症があります。

実は、女性も男性型脱毛症になります。ただし、女性の男性型脱毛症は、男性と区別されFAGAと呼ばれています。

女性に男性型脱毛症が生じるのは、女性にも男性ホルモンがあるためです。逆に、男性にも女性ホルモンがあります。

女性の場合は、男性のように、男性ホルモンが過剰になることによって脱毛症が生じるというわけではありません。

女性ホルモンが減少することによって、相対的に体内の男性ホルモンの比率が大きくなる影響が大きいです。

女性ホルモンが減少する要因としては、

  • 加齢
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • ダイエット

があげられます。

加齢

女性は、女性ホルモンの分泌が一番大きいのは20代です。

そこから徐々に女性ホルモンの分泌量が落ちてきます。

ですので、加齢は、女性の薄毛の原因につながります。

ストレス

日常生活のあらゆる場面で、ストレスがたまっている可能性があります。

恋愛や仕事、人間関係などで、もし、ストレスにさらされる環境にいる場合は、薄毛になっているかもしれません。

ストレスがたまると女性ホルモンの減少だけではなく、自律神経のバランスが崩れ、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、髪の毛に十分な栄養が送られなくなってしまい、薄毛になってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足も女性ホルモンの減少につながる要因の一つです。

女性ホルモンの分泌と睡眠の質には深い関係があります。

十分な睡眠をとることによって、女性ホルモンの分泌も活発になります。

なので、なるべく睡眠時間を確保し、薄毛を予防しましょう。

ダイエット

ダイエットは、体の栄養不足につながります。

女性ホルモンの分泌が減少するだけではなく、栄養不足によって、髪に送られる栄養分も少なくなってしまいます。

適度なダイエットは健康上必要になることはありますが、過度なダイエットは行わないようにしましょう。薄毛につながります。

フィンジアは女性にも効果があるのか

フィンジアは、公式には、男女兼用とされています。

フィンジアには、薄毛につながる男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できます。

DHTを抑制することは、女性のFAGAにも有効です。

ですが、女性の薄毛の原因は、多岐にわたるので、どちらかというとフィンジアを使用しない方が良いかと思います。

女性には、女性用の育毛剤もありますので、そちらの方がより薄毛対策には良いでしょう。

フィンジアの効果を劇的に上げる正しい使い方を解説

フィンジアを使っても効果が出ない!

そんな時は、使い方が間違っている可能性があります。

正しい使い方をしなければ、本来効果が出るものも効果が出なくなることもあります。

ですので、今回は、フィンジアの正しい使い方についてご紹介します。

フィンジアの効果を劇的に上げる正しい使い方

フィンジアの効果を劇的に上げるために必要なポイントは以下の3つです。

  • フィンジアを使う時間、頻度
  • フィンジアを使う手順
  • フィンジアを使う期間

フィンジアを使う時間と頻度

フィンジアは朝と夜の2回毎日使いましょう。

髪の毛は少しずつ成長するので、毎日使うことが重要です。

手間はかかりますが、継続して使いましょう。

フィンジアを使う手順

フィンジアを使う手順についてご紹介します。

まず、使う前に髪の毛と頭皮を洗いましょう。

これによって、フィンジアを使用した時に、頭皮により浸透します。

次に、5~10プッシュ直接頭皮に吹きかけます。

そして、血行を促進させるために、頭皮をマッサージをします。

力を入れすぎないように適度な力でマッサージをしましょう。

フィンジアを使う期間

フィンジアは最低3~6か月は使い続けるようにしましょう、

何度も言うように、フィンジアの効果はすぐには実感できません。

フィンジア1本で大体1か月分なので、3~6本は確保できるようにしましょう。

なので、継続して購入できないという方にはフィンジアはおすすめできません。

なお、どうしてもフィンジアを使いたいけど、もう少し安くしたいという方は、頻度を落として使ってもよいでしょう。

その場合は、朝を使うのを止めて、寝る直前の夜に使うようにすると良いです。

なぜなら、夜寝ているときに髪の毛の成長につながる「成長ホルモン」の分泌量が多くなるからです。

成長ホルモンは、髪の毛を形成するたんぱく質の働きを活性化します。

さらに、夜寝ているときには、成長ホルモンを分泌する副交感神経が活発になります。

ですので、それに合わせてフィンジアを使用すれば、より育毛効果が期待できるでしょう。

注意点

なお、フィンジアの効果を劇的に上げる際の使い方について、注意点があります。

もし、早く効果を上げたいと思ってご自分でアレンジした使い方はしないようにしましょう。

例えば、必要以上(5~10プッシュ以上)使ったり、フィンジア以外の育毛剤と組み合わせて使ったりはしないでください。

効果が落ちたり、逆効果につながる可能性があります。

基本的に、フィンジアはフィンジア単品で正しい使い方をすることで効果が出るように設計されています。

臨床試験でも証明されていることなので、わざわざ、効果が落ちるような使い方はしないようにしましょう。

フィンジアを使っても効果が現れないケースを解説する

フィンジアは、薄毛やハゲの人に対して大きな効果が期待できます。

ですが、薄毛の人には誰にでも効果があるというわけではありません。

実は、フィンジアを使っても効果が期待できないケースがあります。

なので、今回は、どのような人には効果が期待できないのか、解説していきます。

フィンジアを使っても効果が出ないケースとは

それは、

  • 男性型脱毛症以外の脱毛症の人
  • 頭皮環境が悪い人
  • 生活習慣が悪い人

です

男性型脱毛症以外の脱毛症の人

フィンジアは、男性型脱毛症の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの発生を抑える働きがあります。

ですが、逆に男性型脱毛症以外が原因の脱毛症には、大きな効果が期待できません。

例えば、円形脱毛症、皮膚疾患による脱毛症、常用している薬による脱毛症などがあげられます。

円形脱毛症は、一般的にはストレスが原因と考えられていますが、主な原因ではありません。

本当は、内蔵等の体内の機能低下によって引き起こされていると考えられています。

ですので、根本の内蔵機能の低下を改善しなければ、いくら育毛剤のフィンジアで改善を試みても、大きな効果は期待できません。

皮膚疾患による脱毛症は、簡単に言うと、皮膚の病気です。

例えば、皮膚に巣くうカビや菌等が、皮膚の異常を引き起こしている場合があります。

明らかに皮膚異常を感じたら病気の可能性もありますので、フィンジアを使う前に皮膚科で診察を受けてみてください。

常用している薬による脱毛症は、文字通り薬を服用したことによる脱毛です。

よく知られているのが、抗がん剤ですね。

副作用として、髪が抜けてしまうことは、ほとんどの方がご存じなのではないでしょうか。

ですが、髪が抜けるという副作用は抗がん剤だけではありません。

医薬品として分類される医師の処方が必要な薬は、どんな薬でも副作用の可能性があります。

もちろん、薬によって副作用の大小はありますが、髪が抜ける副作用の薬は他にもあります。

もし、何か常用している薬がある場合は、フィンジアを使う前に、その薬に薄毛やはげにつながる副作用がないかどうか確認しておきましょう。

頭皮環境が悪い人

次に、頭皮環境が悪い人があげられます。

頭皮環境が悪い人とは、一つの例として、毛穴に皮脂が詰まっている人です。

皮脂が詰まっていると、フィンジアの成分が十分に毛穴から毛根に届きません。

すると、育毛効果も期待できなくなります。

なので、フィンジアを使用する前に、シャンプーで頭皮を洗い、皮脂を洗い流しておきましょう。

皮脂は頭皮から水分が逃げることを防ぐ働きがあります。

つまり、皮脂の分泌自体は悪いことではないので、皮脂を洗い流しすぎないようにしましょう。

ただ、あまりに大量に皮脂が出てくるようであれば、皮膚疾患の脱毛症のおそれもあるので、その場合は医療機関の診察を受けましょう。

生活習慣が悪い人

最後に、生活習慣が悪い人です。

育毛剤は、髪の毛が生えるように働きかける効果があるにすぎません。

つまり、髪の毛の元となる栄養分、栄養分を頭皮に送る環境などは、育毛剤以外の手段で整えておく必要があります。

それが、

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

の3つの要素です。

食事は、お菓子などの糖分を控え、髪の毛の元となるたんぱく質を十分に摂取しましょう。

睡眠は、睡眠時間が、髪の成長に関係があります。夜更かしなどをせず、十分な睡眠を心がけましょう。

運動は、髪の毛に必要な栄養を頭皮に送りやすくします。週3回の20分以上の運動を心がけましょう。

フィンジアに効果がないという悪評の真相|副作用が関係してる?

フィンジアは、キャピキシルやピディオキシジルといった、育毛成分が含まれている優れた育毛剤です。

臨床試験でもその効果は示されており、効果の実力は折り紙付き。

ですが、そんなフィンジアにも、生えなかったとか、効果がなかったという悪評があるようです。

そこで、今回は2chやamazonの口コミの中で参考になりそうな悪い口コミをご紹介いたします。

フィンジアの2chやamazonでの口コミ

まずは、2chの口コミを見ていきましょう。


フィンジアを購入してみた。とりあえず継続して使ってるけど、髪の毛が増えるどころが減った感じがする・・


2本使い終わったけど、効果は感じられない。むしろ、逆に生え際が広がってきた気がする。


といった、悪評でした。

この口コミでは、どちらも髪が減ったという実感があったようです。

おそらくこの原因は、ヘアサイクルが変化していることに関係していると思われます。

ヘアサイクルとは、髪の毛の成長から抜けるまでのサイクルのことです。

髪の毛は毛穴からずっと伸び続けるものではなく、一度生えた後、自然に抜け落ちていきます。そして、また同じ毛穴から生えてきます。これを繰り返しているのです。

これが繰り返し続けるとやがて髪の毛が生えなくなり、ハゲになるのです。

当然、生える(成長する)から抜けるまでのサイクルが長い方が良いです。

短いと、髪の毛が細くなり、抜け毛が頻繁に起きます。つまり、ハゲになりやすくなるのです。

フィンジアは短いヘアサイクルを改善する効果があります。

この改善の過程で、細い髪の毛を抜け落ちさせて、しっかりとした髪の毛に生え変えさせるので、最初のうちは抜け毛が増えることがあるのです。

これは、初期脱毛と呼ばれており、発毛剤ではごく一般的に起こります。

なので、フィンジアの成分による副作用でもありません。

この口コミでは同じように初期脱毛が起こったものと考えられます。

 

次にamazonでの口コミを見ていきましょう。


購入して1か月。ちょうど1本が使い終わりました。ですが、気になる薄毛の部分には、何の変化もなし。やはり育毛剤に頼っているのが間違いなのか・・


使いましたが、全く効果がありませんでした。


といった効果がなかったという口コミですね。

まず、重要なのが、育毛剤を使ってもすぐに髪の毛は生えてこないということですね。

あくまでも、髪の毛のヘアサイクルを改善する、または、頭皮環境を改善するということが育毛剤のできることです。

特にヘアサイクルの改善には、最低数か月はかかります。

口コミを見ていると、1本だけ買ってみて、それを使ってレビューしているといったものが多かったです。

なので、当然フィンジアの効果は出ていないでしょう。

育毛剤でハゲや薄毛を改善したいなら長い時間がかかることを覚悟しておきましょう。

短期間で改善する方法はありません。

どうしても、短期間でせめて見た目だけでもどうにかしたいという人は、カツラや植毛等を検討した方がいいと思います。

フィンジアに効果がないという根拠は副作用がある?

フィンジアは医薬品ではないので、薬によくあるような副作用はありません。

副作用が出たから効果がないという口コミがあっても、それは全くの嘘でしょう。

ですが、元々頭皮の状態があまりよくない人。

例えば、頭皮の湿疹やかぶれなどが元々ある人はフィンジアの使用は控えた方がいいかもしれません。

アルコール分が入っているので、頭皮の状態が悪化する可能性があります。

そうならないためにも、使用前に頭皮の状態は確認しておきましょう。

フィンジアの効果まとめ|注目の育毛成分を元に徹底解説

フィンジアは評判の育毛剤ですが、その効果の秘密はどこにあるのでしょうか?

ここでは、フィンジアの効果について、含まれている育毛成分を元に解説していきたいと思います。

特に

・効果が期待できる注目の育毛成分

・その育毛成分ちゃんと効果あるの?

ということについて、ご紹介していきます。

フィンジアに含まれている効果が期待できる注目の成分

世の中にはたくさんの育毛剤がありますが、それぞれの育毛剤には、育毛効果につながるとされている特有の成分が含まれています。

フィンジアも同様に育毛成分が含まれており、

特に

・キャピキシル

・ピディオキシジル

・カプサイシン

という3大成分が特徴です。

この3つの成分が全て含まれている育毛剤は、フィンジアしかありません。

それぞれの成分についてみていきましょう。

1.キャピキシルとは

フィンジアにはキャピキシルが5%配合されています。

このキャピキシルは、アカツメクサ花エキスと、アセチルテトラペプチド3からなる成分です。

天然成分でできているため、副作用の心配はありません。主に、男性型脱毛症の進行を軽減する効果があります。

男性型脱毛症は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが引き起こしています。

男性ホルモンは、筋肉など体の成長には欠かせないものですし、元々は脱毛症を引き起こすものではありません。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、元が「テストステロン」という男性ホルモンだったものが「5αリダクターゼ」という酵素と結合することで変容したものです。

ですので、この「5αリダクターゼ」が男性ホルモンを引き起こす元凶なのです。

キャピキシルは、この「5αリダクターゼ」を抑制できるので、その結果、男性型脱毛症の進行抑制にも効果があるのです。

 

2.ピディオキシジル

フィンジアには、ピディオキシジルが2%含まれています。

ピディオキシジルは、正式には「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」と呼ばれています。

育毛剤ではないですが、「スカルプDまつ毛美容液」にも含まれています。

こちらは、まつ毛なので髪の毛とは別ですが、毛が生える効果があるということで好評のようです。

ピディオキシジルで最も特徴的なのが、ミノキシジルと分子構造が類似していることがあげられるでしょう。

ミノキシジルは、おそらく現時点で一番発毛効果が高い発毛剤です。

元々は、高血圧で悩んでいる人に対して血圧を下げるために、血管を拡張する効果を狙って使われていました。

ですが、偶然にも副作用として、髪の毛が生える効果があったため、現在では発毛剤として使われています。

なので、副作用(というか元々の効果)で血圧が低下するという問題があります。

元々は、高血圧の人に使っていたものを血圧が正常な人、もしくは低血圧の人にも使うことになるので、人によっては心臓にかなりの負担になります。

必要以上に血圧が下がって危険な状況にもなる可能性があるので、使用には慎重になるように呼びかけられています。

ピディオキシジルは、この副作用(元々の効果)をなくし、ミノキシジルと似た分子構造になるように作られた成分です。

なので、副作用がなく、効果が期待できます。

3.カプサイシン

カプサイシンは、唐辛子で有名な辛み成分です。

もちろん、育毛剤に含まれている成分なので、辛味を使うわけではありません。

カプサイシンは、先のキャピキシルとピディオキシジルを頭皮に浸透しやすくするために含まれています。

いくら優れた成分が含まれていても、頭皮に浸透しなければ育毛効果は期待できません。

そこで、育毛剤に適切な量のカプサイシンを配合しているのが、フィンジア独自のゲートアクセス理論です。

つまり、男性型脱毛症になると、頭皮が硬くなっているので、普通に育毛剤を塗布しても十分に毛穴の中に入っていかないんですね。

そこで、カプサイシンの効果で毛穴を広げ、育毛成分を毛根まで届かせる、というのがゲートアクセス理論の原理です。

正直、これが本当なのかはいまいちよくわかりません。

ただ、単にカプサイシンを頭皮に塗布すれば毛穴が広がるのではなく、広がるためには適切な配合比があるようなので、ここがフィンジア特有の技術のようですね。

 

結局、フィンジアはどれくらい効果があるのか

ここまでは、フィンジアの特徴成分の話をご紹介してきました。

ですが、これはあくまでも成分だけの話。

実際にフィンジアを使って効果があるという実証ではありません。

フィンジアの臨床試験からの効果が実証されている

世の中にある多くの育毛剤はやたら成分自体やその数をアピールしているものが多いですが、実際に効果があるかどうかが実証されているものは、ほとんどありません。

どこどこの医者や大学教授が推薦しているとか、監修しているとか、そういうアピールは多いんですけどね・・

ただ、こういうのって単にお金を握らせて言わせてるだけなんじゃないか、って思っちゃいません?(というか、広告塔になっているので普通にお金が支払われてると思いますが)

いや、フィンジアも同じことをしてるんじゃないの?

って思う方もいるのか思いますが、フィンジアはそんなことは一切やってません。

医者や大学教授が推薦してます、みたいな怪しいアピールはしてないんですね。

そのかわりに、ちゃんと第三者(ここ大事)の研究機関を通して、臨床試験をしてます。

その結果、ちゃんと数十人の被験者に対して髪が生えたという効果が示されています。

それが、フレグナンスジャーナルという雑誌に載っているんですよね。

なので、フィンジアは効果の根拠がない適当な育毛剤ではなく、ちゃんと臨床試験で効果が示されたすごい育毛剤ということです。

臨床試験って何がすごいの?他の育毛剤もやってるでしょ?

コレの何がすごいって、わざわざ第三者機関で臨床試験をやるというリスクを負ったことですね。

ただでさえ滅茶苦茶お金がかかるのに、もし臨床試験で効果なしとなったら、さらにそれが世間に知られちゃうんですよね。(臨床試験をやるって段階でその情報は公開されているので)

下手したら育毛剤としての商品価値と信用がゼロになるのに、よくやったなと思います。

他の育毛剤みたいに、適当な医者や教授にお金払って広告塔になってもらえばリスクゼロなのに、あえて、純粋に効果を追及していく姿勢は結構好感持ちました。

↓詳しいことはこちらにも書いてあります

フィンジアはちゃんと臨床実験している効果のある育毛剤

医薬品の発毛剤を除いてフィンジア以外で臨床試験をやっている育毛剤って無いんじゃないでしょうか。

けど、フィンジアに続いて第三者機関で臨床試験をやってやる!っていう育毛剤が出てこないのが、育毛剤業界の闇を感じさせますね・・

さらにいうと、ぶっちゃけ全く効果のない嘘の育毛剤や、効果があるんだか怪しい育毛剤って山ほどあると思いますよ・・

以上、フィンジアの効果に関する記事でした。