フィンジアは女性が使っても効果はあるのか?徹底解説!

薄毛やはげで悩んでいる人は男性に多いですが、女性にも同じ悩みを抱えている人はいるでしょう。

そこで、女性の薄毛になる原因と、フィンジアが女性に効果があるのかについて解説していきます。

女性が薄毛になる原因とは?

女性の男性型脱毛症

男性には、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる男性ホルモンによって引き起こされる脱毛症があります。

実は、女性も男性型脱毛症になります。ただし、女性の男性型脱毛症は、男性と区別されFAGAと呼ばれています。

女性に男性型脱毛症が生じるのは、女性にも男性ホルモンがあるためです。逆に、男性にも女性ホルモンがあります。

女性の場合は、男性のように、男性ホルモンが過剰になることによって脱毛症が生じるというわけではありません。

女性ホルモンが減少することによって、相対的に体内の男性ホルモンの比率が大きくなる影響が大きいです。

女性ホルモンが減少する要因としては、

  • 加齢
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • ダイエット

があげられます。

加齢

女性は、女性ホルモンの分泌が一番大きいのは20代です。

そこから徐々に女性ホルモンの分泌量が落ちてきます。

ですので、加齢は、女性の薄毛の原因につながります。

ストレス

日常生活のあらゆる場面で、ストレスがたまっている可能性があります。

恋愛や仕事、人間関係などで、もし、ストレスにさらされる環境にいる場合は、薄毛になっているかもしれません。

ストレスがたまると女性ホルモンの減少だけではなく、自律神経のバランスが崩れ、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、髪の毛に十分な栄養が送られなくなってしまい、薄毛になってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足も女性ホルモンの減少につながる要因の一つです。

女性ホルモンの分泌と睡眠の質には深い関係があります。

十分な睡眠をとることによって、女性ホルモンの分泌も活発になります。

なので、なるべく睡眠時間を確保し、薄毛を予防しましょう。

ダイエット

ダイエットは、体の栄養不足につながります。

女性ホルモンの分泌が減少するだけではなく、栄養不足によって、髪に送られる栄養分も少なくなってしまいます。

適度なダイエットは健康上必要になることはありますが、過度なダイエットは行わないようにしましょう。薄毛につながります。

フィンジアは女性にも効果があるのか

フィンジアは、公式には、男女兼用とされています。

フィンジアには、薄毛につながる男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できます。

DHTを抑制することは、女性のFAGAにも有効です。

ですが、女性の薄毛の原因は、多岐にわたるので、どちらかというとフィンジアを使用しない方が良いかと思います。

女性には、女性用の育毛剤もありますので、そちらの方がより薄毛対策には良いでしょう。